2年ぶりに天皇杯に挑む。昨年は切符を懸けた富山県サッカー選手権決勝で社会人チームの富山新庄クラブに敗れる屈辱を味わい、出場できなかった。今年は同じ富山新庄クラブに延長戦の末、1対0で勝利。ゴール前を固めた相手の守備に苦しめられたが、MF脇本の豪快なミドルシュートで雪辱を果たした。
 今季は三浦泰年新監督の下、最終ラインからパスをつなぎ、得点を狙うスタイルが定着している。ボール保持率やゴール前のチャンスは昨年と比べて確実に増えており、リーグ戦では4位とJ2昇格を狙える位置につける。
 DF代、MF衛藤、FW萱沼ら各ポジションの新戦力が機能し、魅力的なサッカーを展開する一方、課題は決定力だろう。リーグ戦で4得点と波に乗り切れないエースストライカーのFW苔口が決めるべきところで決め、チームを勢いづけたい。
 1回戦は新潟医療福祉大学と対戦する。三浦泰年監督は「天皇杯は難しい戦いになる。ぶれずに最後までゴールに向かう姿勢を次も見せなければならない」と気を引き締めている。