山梨学院大学オリオンズは同大サッカー部における「3番手」のチーム。山梨県社会人リーグに所属する。県予選の決勝では同大サッカー部「2番手」のペガサスに1―0で勝利し、4年ぶり2回目の出場を決めた。
 4―4―2が基本システムで、山下侑沙貴、小野寺元の2トップをターゲットにした、縦に速い攻撃が特徴。左サイドハーフにはスピードに乗った突破が武器の五百蔵(いおろい)準が入り、攻撃の起点となる。県予選では4試合のうち3試合が無失点。素早い攻守の切り替えが身上で、最終ラインでは新海貴輝、永野博之の両センターバックが守備陣を引っ張る。
 武井雅之監督は「オリオンズだけでも30人以上の選手がいる。試合に出られない選手の思いを全員で背負って戦いたい」と話す。攻守とも果敢に攻めるサッカーで初戦突破を狙う。