埼玉県予選決勝では兄弟チームのTIUに3-1で快勝し、トップチームの意地を示した。前回の本大会は初戦でジェフ千葉(J2)に0-3で完敗した。それだけに元日本代表の前田監督は「Jのチームと対戦したら、相手をいじめられるようなチームになりたい」とジャイアント・キリング実現へ意気込みを語った。
 2、3年生が中心のチームはテクニックのある選手がそろい、パスサッカーが軸の攻撃サッカーを展開する。
 今季、関東大学リーグ2部前期は2位。ナイジェリア人の父を持つエース町田は、11試合で9得点をマークしランキング1位を走る。身長172センチながら空中戦に強く、裏に抜けるスピードも抜群。加えて、シュート15本で9ゴールという決定力の高さは秀逸だ。
 コンビを組む進はトップ下としての役割も担い、攻撃にリズムをつくる。守備はセンターバックの楠本を軸に堅実だ。