福島ユナイテッドFCは、2014年からJ3へ参入。栗原圭介監督のもと福島県唯一のプロサッカーチームとして戦っている。
 チーム名は、「UNITED=ひとつになる」の意味に由来し、チーム・選手・スタッフ・サポーターが“ひとつ”になって活動していく、福島が“ひとつ”になって福島の発展・活性化のために活動していくことを目指している。
 第21回福島県サッカー選手権大会決勝では、今年2月に結成し、公式戦21連勝と勢いに乗るいわきFCと対戦。延長戦までもつれる激闘のすえ、王者の底力を見せつけ、本大会9連覇、9年連続で天皇杯への切符を手にした。決勝点を挙げたFW樋口寛規は「点を取るのが仕事。自分の役割は分かっている。天皇杯はJ1クラブとも対戦できる楽しみな大会。一戦一戦集中したい」と上位進出を目標に意気込む。福島ユナイテッドFCの全国での活躍は、福島県民に勇気や希望、元気を与えるものとなる。