山形大学体育会は、同大医学部との「山形大対決」となった決勝を3―1で制し、6年ぶり5度目の優勝を飾った。
 速攻中心だった戦術を改め、昨秋からの新チームではポゼッション(ボール保持)を高めて指導権を握るサッカーを目指す。基本フォーメーションは4―4―2で、ダブルボランチの柳橋一翔と古内秀明が攻守の中心。決勝はセカンドボールへの高い意識を保ち続け、昨年の大会で0―6と大敗した医学部に雪辱を果たした。監督と主将を兼務する柳橋は「(医学部は)目標としてきた素晴らしいチーム。押し込まれた中でも全員が体を張って守った」と胸を張った。
 1回戦の対戦相手はJ2・横浜FC。高校時代を含め全国大会出場経験のないメンバーが多数を占めているが、攻撃の核となるFW橋本季樹は「出せる力を全部出す」。柳橋は「圧倒的に挑戦者の立場だが、相手に隙もあるはずだ。山形代表として勝利を狙う」と意気込む。