8月限りで現役引退した元日本代表DF内田篤人氏が14日、日本サッカー協会の若年層強化などに携わる「ロールモデルコーチ」として始動した。千葉県内でのU―19(19歳以下)日本代表候補合宿に参加し、選手...[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します) サッカーTOPへ