Jリーグの東海地区6クラブ(J1清水、名古屋、J2磐田、J3藤枝、沼津、岐阜)は「防災の日」である1日、南海トラフ地震などの災害に対応する社会連携活動として「ソナエル東海」プロジェクトを発足したと発...[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します) サッカーTOPへ