日本サッカー協会は22日、臨時理事会を開き、23年女子W杯招致への立候補を取り下げることを決めた。25日にFIFAの理事会で開催地が決まる直前での断念について、日本協会の田嶋幸三会長は票読みで劣勢な...[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します) サッカーTOPへ