【ベルリン共同】サッカーのドイツ1部リーグで23日、ブレーメンの大迫勇也は敵地のフライブルク戦に1点リードの後半18分から出場し、降格圏の17位に低迷するチームは1―0で逃げ切って8試合ぶりの勝利を...[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します) サッカーTOPへ