通信販売大手、ジャパネットホールディングス(長崎県佐世保市)は20日、長崎市中心部で計画している新サッカー場の建設に関し、コロナ感染防止などのために座席間隔を広げ、収容人数を当初予定の2万3千人から...[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します) サッカーTOPへ