日本サッカー協会は14日、オンラインの理事会を開き、新型コロナウイルスの影響で資金繰りに苦しむクラブの支援事業を承認した。第1次支援は5億円の財源を確保。法人格を有するクラブは500万円、任意団体は...[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します) サッカーTOPへ