J1札幌は27日、札幌市内の練習場を開放し、新型コロナウイルスの影響で自宅待機していた選手たちが自主練習を開始した。接触を減らすために少人数の3組に分かれて時間差で体を動かし、主将の宮沢はオンライン...[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します) サッカーTOPへ