【ロサンゼルス共同】米ニューヨークの地方裁判所は6日、サッカーの2018、22年ワールドカップ(W杯)招致に絡み、投票の際に複数の国際サッカー連盟(FIFA)理事への買収があったとの告発を明らかにし...[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します) サッカーTOPへ