【ジュネーブ共同】サッカーの日本代表DFでフランス1部リーグ、マルセイユに所属する酒井宏樹が、新型コロナウイルス感染拡大で対応に追われるマルセイユの病院などに計3万ユーロ(約350万円)を寄付したと...[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します) サッカーTOPへ