東京五輪・パラリンピック組織委員会の森喜朗会長は2日、大会が来夏に延期されたことに伴い、3月に日本に運ばれた聖火を各地で展示する構想があると明らかにした。高市早苗総務相から「地方創生の一つの事業とし...[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します) サッカーTOPへ