日本サッカー協会は13日、東京都内で理事会を開き、約50人に増えた海外組のサポートのため、欧州駐在員を派遣することを決めた。選手の状態把握、代表招集に伴う移動などの調整に従事する。4月以降に事務所を...[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します) サッカーTOPへ