日本サッカー協会は29日、東京都内で技術委員会を開き、東京五輪世代のU―23(23歳以下)日本代表を率いる森保一監督(51)を続投させる方針を確認した。関塚隆技術委員長は「引き続きサポートしていく。...[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します) サッカーTOPへ