日本サッカー協会の田嶋幸三会長が18日、山形県内での講演で、男子東京五輪代表の森保一監督の去就が持ち上がる中で監督交代の判断基準に触れ、「連敗が危機だとは思っていない。本当の危機はチームの崩壊。そこ...[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します) サッカーTOPへ