サッカーJ1横浜FCのFW三浦知良選手が、阪神大震災の発生から25年となった17日、練習中の和歌山県上富田町の施設で取材に応じ「1月17日が来ると必ず思い出す。その思いを次につなげていく、そういうも...[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します) サッカーTOPへ