1日の天皇杯決勝戦を最後に現役引退する神戸の元スペイン代表ビジャが後半ロスタイムから出場し、有終の美を飾った。昨年12月7日のJ1最終節の磐田戦で全治4週間のけがを負っていたことを明かし「最後にピッ...[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します) サッカーTOPへ