国際サッカー連盟(FIFA)は29日、元理事で、ブラジル連盟会長も務めていたテイシェイラ氏が2006~12年に南米連盟やブラジル連盟の主催大会に関連した贈収賄に関与したとして、永久資格停止処分と罰金...[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します) サッカーTOPへ