Jリーグの大宮と京都で監督を務めたオランダ出身のピム・ファーベーク氏が死去した。28日、AP通信が伝えた。63歳だった。がんで4年間闘病していたという。  2002年ワ...[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します) サッカーTOPへ