2016年に急性白血病を発症したサッカーJ2新潟のDF早川史哉(25)が5日、新潟市のデンカビッグスワンスタジアムで行われた第35節の鹿児島戦で約3年7カ月ぶりにリーグ戦への出場を果たした。右サイド...[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します) サッカーTOPへ