Jリーグは30日、東京都内で理事会を開き、ビデオ・アシスタント・レフェリー(VAR)をJ1で来季から前倒しして導入する検討を始めた。当初は2021年シーズンを目標としていたが、5月の浦和―湘南や、7...[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します) サッカーTOPへ