日本サッカー協会は17日、東京都内で審判委員会を開き、13日のJ1横浜M―浦和でゴール判定を巡って試合が中断した問題で、外部情報を判定の根拠に利用しようとした相楽亨副審と第4の審判員の大坪博和氏に1...[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します) サッカーTOPへ