日本サッカー協会は11日に東京都内で開いた理事会で、暴力や暴言などへの懲罰処分を原則公表することを決めた。スポーツ庁が策定した競技団体の健全運営指針「ガバナンスコード」では開示が求められている。関係...[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します) サッカーTOPへ