【パリ共同】スペインの国家警察は28日、サッカー賭博で利益を得る目的で八百長に関与した疑いがあるとして、強豪クラブ、レアル・マドリードの元選手を含む1、2部リーグの現役・元選手らを拘束した。地元メデ...[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します) サッカーTOPへ