【ウィーン共同】サッカーのオーストリア1部リーグで24日、ザルツブルクの南野拓実はアウェーのラピッド・ウィーン戦にFWで先発出場し、後半31分までプレーした。チームは0―2で敗れ、今季初黒星を喫した...[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します) サッカーTOPへ