日本サッカー協会は7日、昨年12月の天皇杯全日本選手権決勝で優勝したJ1浦和の試合運営に著しい違反行為があったとして、罰金200万円とけん責処分を科したと発表した。  ...[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します) サッカーTOPへ