Jリーグは24日、東京都内で理事会を開き、主審の判定を映像で補助するビデオ・アシスタント・レフェリー(VAR)を今季の一部公式戦で導入することを決めた。YBCルヴァン・カップの準々決勝以降の全13試...[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します) サッカーTOPへ