高校サッカー2回戦で2日、帝京長岡は延々と続くPK戦を制して旭川実との激闘を終えた。大会本部によると、両チーム計38回蹴ったPK戦は大会史上最長。古沢監督は「選手権で初めてPK戦で勝ち、上へ進めたの...[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します) サッカーTOPへ