国際サッカー連盟(FIFA)の汚職事件で、捜査当局の協力者だった元FIFA理事のチャック・ブレーザー氏が死去したと12日、AP通信が報じた。72歳。同氏の弁護士が発表した。直腸がんと糖尿病などを患っ...[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します) サッカーTOPへ