【ロンドン共同】国際サッカー連盟(FIFA)は27日、ワールドカップ(W杯)の2018、22年両大会の招致を巡る不正疑惑を詳細に調査した報告書を公表し、22年大会に立候補して敗れた日本については、規...[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します) サッカーTOPへ