【カザニ(ロシア)共同】ドイツの大衆紙ビルトがサッカーのワールドカップ(W杯)の2018、22年両大会の招致疑惑を詳細に調査した報告書を入手したことが26日明らかになった。ビルトによると報告書は43...[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します) サッカーTOPへ