日本サッカー協会は22日、ビーチサッカー日本代表のマルセロ・メンデス監督(47)が契約満了で8月に退任すると発表した。ブラジル出身のメンデス監督は2014年にラモス瑠偉前監督の後任に就き、世代交代や...[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します) サッカーTOPへ