【ソウル共同】韓国サッカー協会は15日、技術委員会を開き、ワールドカップ(W杯)ロシア大会アジア最終予選A組の不振を理由にウリ・シュティーリケ代表監督(62)の解任を決定した。 ...[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します) サッカーTOPへ