サッカーJリーグは11日、一部サポーターがナチス親衛隊(SS)を連想させる応援旗を掲げたJ1のG大阪に対し、けん責と制裁金200万円の処分を科した。SS旗は差別的要素を含むとして、順守義務などの規約...[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します) サッカーTOPへ