【マナマ共同】国際サッカー連盟(FIFA)が9日の理事会で2026年ワールドカップ(W杯)出場チームのアジア枠を8に増やした決定を受け、日本サッカー協会の田嶋幸三会長は「可能性は相当増えた」と歓迎し...[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します) サッカーTOPへ