【ロンドン共同】国際サッカー連盟(FIFA)は5日、ワールドカップ(W杯)南米予選のチリ戦で副審に侮辱的な発言をしたとして、アルゼンチン代表FWメッシに科した4試合の出場停止などの処分を撤回した。メ...[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します) サッカーTOPへ