Jリーグは27日、東京都内で理事会を開き、サポーターがナチス親衛隊のマークを連想させる応援旗を掲げた問題についてG大阪の山内隆司社長が経過を報告した。村井満チェアマンは「今後の対処については現時点で...[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します) サッカーTOPへ