J1のG大阪のサポーターが16日に大阪市のヤンマースタジアム長居で行われたC大阪戦で、ナチス親衛隊(SS)のマークを連想させる応援旗を掲げていたことが20日、分かった。G大阪によると、試合後にメール...[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します) サッカーTOPへ