東京電力福島第1原発事故の対応拠点に使われたサッカー施設Jヴィレッジ(福島県楢葉町、広野町)で17日、グラウンドの天然芝の張り替え作業が始まった。18年夏の一部再開を目指している。 ...[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します) サッカーTOPへ