【ドルトムント(ドイツ)共同】サッカーのドイツ1部リーグ、ドルトムントの日本代表MF香川真司は13日、チームバスが被害に遭った11日の爆発後の心境について「試合できる状態ではなかった。それはみんな一...[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します) サッカーTOPへ