日本サッカー協会は13日、東京都内で理事会を開いて2016年度の登録数を報告し、小学生年代の第4種の選手数は前年度比4・4%減の28万9919人で3年連続の減少となった。中学生年代の第3種も1・8%...[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します) サッカーTOPへ