日本サッカー協会の田嶋幸三会長、Jリーグの村井満チェアマンらが13日、福島県を訪問し、東京電力福島第1原発や、原発事故の対応拠点から来夏の一部再開を目指すサッカー施設、Jヴィレッジを視察した。県庁で...[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します) サッカーTOPへ