【ベルリン共同】サッカーの2006年ワールドカップ(W杯)ドイツ大会招致の買収疑惑に関連し、同国サッカー連盟(DFB)が推定2500万ユーロ(約30億5千万円)の追徴課税の処分を受ける可能性があるこ...[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します) サッカーTOPへ