東京電力福島第1原発事故の対応拠点として使われてきたサッカー施設「Jヴィレッジ」が、今月いっぱいでその役目を終える。再開に向けた復旧工事が本格化し、日本サッカー協会(JFA)理事も務める上田栄治副社...[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します) サッカーTOPへ