2020年東京五輪・パラリンピックの開催費負担問題で焦点となっている東京都外の会場整備を巡り、大会組織委員会が国や都、開催地の6道県に対して11施設の仮設工事費が約438億円となる試算を示したことが...[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します) サッカーTOPへ