サッカーの南米カップ決勝に向かう航空機の墜落事故で多くの選手や監督らが犠牲となったブラジルのクラブ、シャペコエンセのGKで、事故で脚を切断したフォルマンがパラリンピック出場への意欲を語ったと8日まで...[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します) サッカーTOPへ