2020年東京五輪・パラリンピックの都外会場の仮設整備について話し合う国、都、大会組織委員会、自治体による作業チームが27日、都内で協議を開始した。道県ごとに6チームが設置され、同日はサッカー1次リ...[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します) サッカーTOPへ